新河岸駅 徒歩8分/駐車場完備

〒350-1136 埼玉県川越市下新河岸53-4

TEL:049-242-0925

診療時間
月、火、金曜 9:30~12:30/14:30~19:00
木曜 9:30~12:30/14:30~20:00
土曜 9:00~12:30/14:00~17:30
休診日
水曜・日曜・祝日

新河岸の一般歯科、小児歯科、矯正、インプラント、歯科口腔外科なら

金属アレルギー

HOME»  金属アレルギー

歯科と金属アレルギー

歯科領域において金属アレルギーが問題視されるようになったのは、ごく最近のことです。
その理由として、アレルギー疾患を受診するのがほぼ皮膚科であること、また、多くの皮膚科医や歯科医師が、お口の中の金属が、金属アレルギーの原因となるという事実を、十分に認識していなかったことなどが、あげられます。

しかし近年、金属アレルギーと歯科治療の関係が、皮膚科医や歯科医師から重視され、取り上げられてきています。義歯、詰め物などの治療物、矯正器具など、アレルギーの原因となり得る金属が、口腔内に存在する以上、皮膚科と歯科の密な連携による、金属アレルギーの予防と治療への取り組みが、必要ではないかと言われています。

金属アレルギーの原因

金属アレルギーは、金属との接触から起こるわけですが、実は金属そのものは、人体に対して無害と言われています。
金属がイオン化し、溶け出すことではじめて、アレルギー反応を引き起す原因となるのです。
金属のイオン化したものが、皮膚(表皮~粘膜上皮)の蛋白に結合して、本来、体がもっていない表皮構造の蛋白ができあがると、免疫がこれを異物とみなして、拒絶反応を起こします。
金属イオンをまわりに結合させた表皮蛋白は、いわば金属メッキした表皮蛋白ですから、これは体にとって当然、異種蛋白とみなされるわけです。

金属がイオン化して溶け出すことを、金属の溶出といいますが、金属の種類によって、溶出しやすいものと、しにくいものとがあります。そのため、金属にはアレルギーを起こしやすいものと、そうでないものとが存在しています。

お口の中の金属は、唾液や食べ物などが電解質として作用することで、腐食性変化を生じ、溶出されます。
また、口腔内にはそれ以外にも、各種の溶出要因が共存しています。
歯肉から浸出する体液、食べカスによる電解質の存在。細菌が産出する酸や硫化水素。温度や、酸素の濃淡などの変化。咬む力が働く部分の金属に起こる応力腐食や咬耗など、口腔内は、さまざまな要因が複雑にからみあった、金属にとって極めて過酷な、溶出がおこりやすい環境なのです。
普通の状態では、丈夫で変化しにくい鉄が、雨にさらされると、容易に腐食するように、金属は環境の影響を受けやすいものです。

金属を用いない歯科治療

金属アレルギーにおいて、溶出しにくい金属を用いるのはとても重要なことですが、金属を用いない治療を行うことも、賢明な選択の一つといえます。
その場合に用いられる材料の代表格が、セラミック(非金属無機材料)です。
セラミックは、金属アレルギーの原因とならないだけでなく、生体親和性が高く劣化しない材料で、審美性にも優れています。

プラスチック樹脂を用いる治療もありますが、劣化、変色しやすいため、セラミックに比べると、材料としては劣ります。(プラスチック製のお箸が、使用するうちに、変色してもろくなってしまう様を、思い起こしてください。)

金属アレルギーの予防と治療

一旦、免疫が金属を異物として認識し、アレルギーが生ずると、数年から数十年は、その反応はなくなりません。中には、一生アレルギーを抱えたまま過ごす方も、少なくありません。

生活の中においては、あらゆるところに金属が存在しています。
明らかに金属とわかるものから、一見すると金属が含まれているとは思えないものまで、様々なものが身の回りにあふれ、完全に金属と絶縁するのは、極めて困難なことです。
そのため、金属アレルギーは「なってから苦労する」よりも、「なる前に防ぐ」ほうが、望ましいといえるのではないでしょうか?

お口の中にアレルギーを引き起こしやすい物質が存在することは、常に、金属アレルギーの危険にさらされていることになります。今までなんともなかった方でも、年月と共に金属の溶出が進み、表皮蛋白と結合してしまうと、金属アレルギーになってしまいます。
金属アレルギーの自覚のない方でも、全身における様々な不快な症状、皮膚炎などがある様なら、もしかすると、知らないうちに金属アレルギーになっているのかもしれません。

また、不幸にしてアレルギーになってしまった場合には、原因となる物質を除去し、接しないようにすることが、何より効果的で、有効な手段です。

現在、金属アレルギーでお悩みの方、金属アレルギーを予防されたい方は、お口の中にある、金属アレルギーを起こす物質を除去し、金属アレルギーを起こさない物質と交換することを、おすすめいたします。